女性との会話が苦手な人必見!会話は練習で鍛えるのみ

SNSフォローボタン

フォローする

皆さんは女性との会話は得意ですか?

男性「あ、あの〜」

女性「はい?」

男性「・・今日は、・・・天気がいいですね・・・」

女性「・・・そうですね。」

男性「・・・」

このような会話をしている男女をよく目にします。

なかなか女性と話すのは難しいですよね。

しかし、好きな女性と付き合う、親しくなるにはまず「会話」ができる関係になることが大前提です!

今回は会話の練習方法について紹介します。

会話は恋愛のスタート地点である

女性と知り合うにはどのようなツールが思い浮かびますか?

ざっと挙げてもお見合い、ナンパ、合コンから始まり出会い系サイトやSNSなどがありますよね。

では、このうち会話をする必要の無い出会いはあるでしょうか?

お見合いはまず自己紹介から始まってお互いに粗相のないように質問したりして、ナンパはそもそもコミュニケーション能力が無いと成功しないし、合コンも自己紹介や楽しい会話をしないと、、、

そう、会話をしない出会いなんてありません。もちろん声に出したり文章にしたりと形に違いはあれど、全ての出会いは会話から始まるのです。

以前【初デートに映画は選ぶな!】でも書きましたが、相手について知ったり自分について説明したりするにも会話をしなくてはなりません。最初のようなぎこちない会話になってしまっては相手にされず、「この人はダメだ、、、」と思われ、次に会うことは無いでしょう。

つまり、女性と話すことに慣れていないと恋愛のスタート地点に立つことすら難しいのです。

会話が苦手な人は諦めるしかないのか

じゃあコミュニケーション能力の無い自分には一生恋人はできないなぁ、、、

と思っているあなた!諦めないで!(某CM風)

確かにコミュニケーション能力が無ければ好きな女性との会話も続かない、そもそも連絡を取り合うことすら困難。例えるならひのきのぼうでムドーの城(2回目)に乗り込む感じ。「そんな装備で大丈夫か?」と聞かれるのも無理はありません。

でも、会話って練習にどうにでもなるのを知っていますか?モテること自体がテクニックだと以前に話しましたが、テる要素である会話も努力で身につきます!

勇者だって最初はひのきのぼうです。その後の努力で大魔王だって倒せるようになるのです。

その努力をするかしないかであなたが好きな女性と一生愛しあえるかどうかが決まります。

どうやったら会話ができるようになるのか

会話しなければならない状況を作る

会話が苦手な人は普段から人と話すことをできるだけ避けようとします。仕事も人とコミュニケーションを取らなくても済む業務を選んだり、休みの日は外には最低限しか出なかったり。

そんなことでうまくなるわけがないじゃないか!!

サッカー選手が野球の練習をしていてサッカーが上手くなりますか?ピアニストがギターを弾いていてピアノが上手くなりますか?

会話は会話でしか上達しないのです!!

なので、強制的に会話をしなければならない状況を作りましょう!

街コンに参加する

例えば街コンでは席や時間、相手が強制的に決められて話をしなければなりません。

1人目と会話するときは何を話せばいいか悩んでしまいますが、席替えをして5人目ぐらいになってくると今まで話した内容を参考にしながら会話をすることができますよね

これは「その場で女性と話すことに慣れてきた」といえるのです。

別の例として、あなた=お客さん 店員さん=女性という立場であれば、店員さんは「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」という挨拶はを必ずします。
または「どうなさいましたか?」と尋ねられて「こういったものを探しているのですが」といった具合に話すこともあるでしょう。この会話を繰り返すうちにその店員や別の店員とも話すのに慣れてくるでしょう。

飲み会の幹事になってみる

飲み会の幹事をやってみるのも良いと思います。幹事はお店の予約から当日の司会進行、二次会の準備などやることは様々。ただどれも人との会話が不可欠なので人と話す練習になります。

さらに幹事の特権として、参加者の連絡先を知ることができます。幹事でもなんでもない人が女性の連絡先を聞くのは少し怪しまれますが、幹事であれば理由をつけて連絡しやすい。また、「二次会で渡すプレゼントの買い出しを手伝って欲しい」とか「当日の進行を一緒にやってもらえると助かる」など、誘い出すのにも役に立つのです

幹事になればポイントも貯まったりしますし、どんなお店が良いかの知識も身につきます。ずるい?いいえ、賢いのです。

行きつけのお店を作る

少し話すのが慣れてきたなら、行きつけのお店を作ってみるのもオススメです。居酒屋やバーのマスターと知り合いになれば話し相手にもなってもらえますし、いざとなったらその店を女性と一緒に行くことにも使えます。そしてそんなお店をいくつか持っていると、「あっ、この人はとてもオシャレなお店を知っていて他の男性とは違うなぁ」と感じてもらえること間違いなし!

会話の練習をしながら行きつけのオシャレなお店を作って、いざとなったら女性とご飯にも誘える。ずるい?いいえ、賢いn、、、

とにかく喋りまくろう!

会話が苦手な人は、女性と何を話せば良いかを考える前にとにかく色んな人と話して会話自体に慣れるべきです。普段仲の良い数名とだけ話している人は、そもそも圧倒的に会話の量が足りていません。会話の量が少ないと、女性とだけ話していても会話の質は向上しません。
スポーツ選手がほぼ毎日練習を欠かさないように普段の会話も練習が必要であり、その練習の質を上げることで量をこなすことにも活きてきます。

まずは身近な人と話して、そのうち街コンに参加したり幹事を引き受けたり、行きつけのお店を作って会話を楽しめるようになりましょう。

会話を楽しめるようになったら、次は女性との会話を楽しむ、さらには女性を楽しませる会話へとステップアップしていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする