恋愛に役立つ心理学3選

SNSフォローボタン

フォローする

心理学って聞くと、なにか悪巧みを考えているかのように聞こえますよね?

ですが、実際には使い方によって相手を楽しませたり喜ばせたりすることができます。

ひいては自分の事を好きになってもらえるかも!?

そんな心理学の中でも、恋愛に使える心理効果について調べてみました!

単純接触効果(ザイオンス効果)

メールやデートなどで関わる事が多くなるとその人に対して良い印象を持つようになる効果です。職場であれば、仕事上連絡を頻繁に取り合ったり助け合ったりすることで相手に親近感が湧き、お互いに意識し始めたりします。

後ほど説明する「秘密の共有」とも相まって、仕事で絡む人に対して恋愛感情を抱くことは決して特別なことではないのです。

恋愛感情だけではなく、友情に対しても同様に寄与しています。

まぁ単純に考えて(単純接触効果だけにw)、何回も同じ人に会ったりしていると自然と仲良くなりますよね?

ただしこの単純接触効果、回数制限があります!

なんと10回までしか効きません!笑

少なっ!!!!!

そう、残念ながら少ないんです。。。

10回以下であれば徐々にあなたに対して好意が高まっていきますが、それ以降は単純接触効果だけでは好感度が上がることはありません。

そのため、他の心理学と併用しながら相手に好きになってもらうようにしましょう!

返報性の原理

これは以前から紹介していますよね。

相手の人から好意を持たれたり、何か施し(物だけではなく行動)を受けたりすると、この「返報性の原理」が働いて、自分も相手に対して好意を返したり、施しを与えたいと思うようになります。「好意の辺報性」とも言います。

人間は他人から褒められたり認められたりすることで喜びを感じる生き物です。その欲求に対してアプローチすることで、相手を喜ばせるだけではなく、自分に興味を持ってもらえる。

これは利用するしかないですよね?笑

これを利用して、相手に追いかけられる人になるための方法を紹介しているので参考にしてみて下さい。

「返報性の原理」の注意点

この「辺報性の原理」、見返りを求めていると効果は発揮されません!!

例えば、「もっと自分に興味を持って欲しい」とか「プレゼントをあげたらデートにも来てくれるかも?」とか考えていると、相手にはその気持ちが筒抜けなので、一気に嫌われてしまいます!

好意を示したり相手に施しを与える時には、見返りを求めないこと!

相手の気持ちを考えて行動するようにしましょう!すると、わざわざ期待しなくても返報性の原理が働くことで、自然と良い形でお返しが来ますよ。

秘密の共有

いわゆる「2人だけの秘密だよ♡」のことです。

誰かと秘密を共有することで、お互いに「この人は信頼出来るし、向こうも信頼してくれている」と感じます。

このように承認欲求が満たされるため、その人に対して好意的に感じやすくなります。

皆さんは、相談相手を好きになったり好きになられたりしたことありませんか?

恋愛や仕事についてどちらかが相談しているうちに、その相談内容が二人だけの秘密の共有となり、お互い意識し始めるからです。

また、相談相手になる人って、大体同じ考えを持っている人ですよね?元々意見が合う人とより親密になるため、恋愛感情を持つのも頷けます。

また、二人だけの秘密を持っているときに、さらに効果を発揮するのが「カリギュラ効果」。

これは、「他の人には誰にも行っちゃダメだからね!?」と禁止されると、余計に誰かに言いたくなるという心理のこと。

「〇〇君には言っちゃダメって言われたから、、、」と考えたりしているうちに、その相手のことを考えていますよね?

秘密を共有していることで、相手の意識に自分が存在し続けるわけです!

それによって「単純接触効果」も期待できます!

心理学を利用するのは悪ではない

最初に話したように、心理学って聞くと悪いことだって感じる人がいると思いますが、そんなことはないです。

いかに相手に喜んでもらえるか、あわよくば自分のことを好きになってもらえれば。。。という純粋な気持ちでいれば良いのです!笑

ただし、悪いことに使っている人も大勢います。好きでもない人に対して使っていると面倒事にまきこまれるので気をつけてくださいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする