女性が言う清潔感とは!?まずは洗顔で爽やか男子になろう!!

SNSフォローボタン

フォローする

皆さんは毎日ちゃんと顔を洗っていますか。

仕事で疲れて帰りそのままベッドで寝てしまったり、朝起きるのがツラくて顔を乱暴にバシャバシャ洗っただけで会社に行ったりしていませんか?

顔を洗うこと自体は非常に簡単な行為だけど何か面倒になってアッサリ済ませてしまう。

しかし!!それでは不潔な男性として周りから嫌な目で見られちゃいますよー!!

ということで今回は洗顔の重要性について説明しますね。

女性の言う「清潔感」を知る

女性が恋人にしたい人の条件として最も重視しているのが清潔感!

よく聞きますよね、清潔感。清潔感ってなんだよと思われる人が多いですし、実際私も感じていました。

ですがそんなに悩まなくて良いんです。

要はキレイってことなんですよ(笑)

女性もおそらくそんなに考えて言ってないと思います、はい。

この清潔感という言葉だけを聞くと見た目がイケメンであれば良いのかと感じますが、そうではありません。

無精ひげが生えていたり髪が脂っぽくなっていたり、さらには肌が乾燥していたりすると男性であっても心地良くは感じませんよね?その不潔な見た目を直せということです。

CMで爽やかな外国人の男性がヒゲ剃り後の肌を守る保湿クリームを塗っていたり、芸能人がスカルプ(頭皮)用シャンプーで気持ちよさそうに頭を洗ったりしていますよね。

そう、あの爽やかさ。あのCMこそが清潔感というやつです。

女性は脂や汗まみれな男性よりも、いかにもイイ香りがしそうな爽やかな男性に惹かれます。

もちろん男性からもどちらが好まれるかは一目瞭然ですよね?

つまり、見た目が爽やかであれば清潔感があるといっても過言ではないのです。

なぜ洗顔が必要なのか

「清潔感が爽やかさを表していることはわかった。じゃあなぜ洗顔なんだい?」

皆さんは女性と会ったとき、まずはどこを見るでしょうか?

大体の人は顔を見るはずです。もちろん顔以外を見てしまう人もいるとは思いますが、そのような人は下心が丸見えではっきり言って不快感を与えていますよ。

皆さんが相手の顔を見るように、相手の人も皆さんの顔を見ています。その時に「不潔な男性だな」と思われれば、よほど話をするのが上手であったりエスコートが丁寧でない限り挽回するのは難しいでしょう。

つまり女性と親しくなっていくという未来への入り口、その玄関があなたの顔に対する印象なのです。それはイケメンだとかではなく洗顔がされていて乾燥や肌荒れが無く、もし肌が荒れていても保湿などで手入れをしているかどうか。さらに加えると表情が豊かな人かどうか、という部分においても清潔感が良い効果を与えています。

見た目、特に顔が与える印象は大きいのです。顔は武器にも弱点にもなるのです。

顔を清潔にしないとダメだと感じてきました?

では実際何をすれば良いのかというと、洗顔と保湿です。今回は洗顔について。

まずは朝と夜の洗顔から始めよう

朝起きてすぐの顔には寝ている間に蓄積された皮脂がいっぱい。

皮脂が残っている顔はテカテカするだけではなく、蓄積した脂によってニキビなどの肌荒れが起きやすくなります。

ニキビやシミなどのデキモノが顔にあると人前に出ることが嫌になります。嫌なのに人に会わないといけない状況では自分に自信が無くなり、自分に自信が無い表情は相手にもすぐ伝わります。つまり「不潔」という印象だけでなく「自信の無い表情」だという印象も与えることになるのです。

朝起きてすぐ顔を洗うことで顔の環境を清浄に保つだけではなく、スッキリと目覚めて気持ちのイイ1日を送ることができます。

晴れ晴れとした表情で元気に外に出かけましょう!

そして、夜寝る前にも丁寧に顔を洗いましょう。

夜の洗顔は日中に溜まった皮脂と汗を落とすことが目的です。寝ている間にも皮脂は分泌されているため、洗顔せずにそのまま寝てしまうと日中の皮脂と合わせて肌荒れを引き起こし、朝起きると顔にニキビができていたりします。

夜はお風呂で体を温めつつ顔を洗い、1日の疲れを落としましょう!

では洗顔料には何を使ったら良いのかという質問を受けることがありますが、洗顔料はお肌に合うものを使ってください。

私自身は水とお湯のみで洗っています。朝は水で10回ほど洗います。夜はお風呂でお湯で軽く洗った後、洗面所で再度流水で10回ほど洗います。

最近は脂肌用、乾燥肌用、敏感肌用と肌に合わせた洗顔料が売られているので、いくつか試して合うものを使用してみてください。どれが自分に合うかどうかは、2週間ほど使ってみて肌荒れしなければ大丈夫だと思います。

顔を洗う時に気をつけて欲しいのが、手で顔を擦るのではなくあくまでも洗顔料や水を使って洗うことです。洗顔料で洗う時はしっかり泡立てた後に泡で洗うように、流水であれば回数を重ねて顔にかけるだけで十分です。

洗顔後は保湿クリームや化粧水で保湿することを忘れずに。

保湿についてはまたの機会に説明できればと思いますので、今回はここまで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする