女性に追いかけさせる方法

SNSフォローボタン

フォローする

前回は追いかけるよりも追われる恋愛をすべきという話をしました。

追いかけると相手はどんどん逃げて行く、だから相手に追いかけてもらって、こっちはタイミングを待つのみ。

じゃあどうやって追われる恋愛ができるようになるのでしょうか?

今回は追われる人になる方法について説明します。

まずは追われる立場をイメージする

あなたが好きな人を追っていた時、相手はどんな様子でしたか?

おそらくあなたに気があるようには見えませんでしたやよね?

あなたが相手に「興味ありますよ〜」たいうアピールをしている間、

相手は「はは〜ん、こやつ私のことが好きじゃな?」と上から目線で考えているわけです。

つまり追っている側は焦っているのに対して、追われる側は余裕があるわけです。

この余裕こそが追いかける側と追われる側の違いです。

というわけで相手に、「なんでこの人はこんなに余裕があるんだ!?」と思わせましょう!

彼女持ちや既婚者はモテる

この余裕な状態を出すのに最適な環境、それは彼女持ちや既婚者になることです!

いや、マジで。

何故かというと、この状態になればそもそも追いかける必要も無いですし焦る必要も無い。

いわば勝ち組にいるわけです。

既に好きな女性と一緒にいることが確約されているため、

他の女性を女性として必要以上に意識することなく会話やメールができます。

また、女性からしても男性として意識せずに連絡が出来るため親しくなりやすいですよね?

つまり、焦って追いかける人よりも格段に早く女性と仲良くなるのです!

ただし彼女持ちや既婚者になるのが難しくて悩んでいるわけですから、別の方法が知りたいですよね?

では具体的な方法を紹介します。

彼氏しかやらない事をしてみる

まず一つ目は、

彼氏しかしない行動をしろ!!

ただし2割だけ!!

彼氏しかしない行動や連絡をすることで、相手の女性にあなたのことを異性として意識させます。

彼女持ちや既婚者っぽく好きな女性と接することで、余裕のある男性として見られるようになります。

女性とのデートの時に、

オシャレなお店を事前に予約していたり、

「このあたりは○○という雑貨屋があって…」

のような、女性が興味を持つことを自然に話すことが出来れば、

相手から

「この人は余裕があって格好いいなぁ」と思われます。

うん・・・?

ここで気づいた方もいるかもしれませんが、相手に好意を気付かれてはいけない、という話をしました。

異性として意識させるってことは、

あなたに好意を持っているよ〜とアピールするようなものです。

確かに相手の女性に好意がバレてしまう=追いかけている と思われます。

つまり、そのまま行動していては相手に逃げられてしまうのです。

ではどうすれば良いかというと、

2割だけしてみる!!

パレートの法則を利用する

ビジネスの話になりますが、会社の成果の8割は、その会社の社員の2割で出されている。

これは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した法則で、

「パレートの法則」と呼ばれています。

「イタリア全体の富の80%は、イタリアの全国民の20%が生み出している」という法則ですが、
経済だけではなくあらゆることに経験則的に当てはまることが知られています。

つまり、2割の行動で相手に異性として意識させるには十分なのです。

むしろそれ以上してしまうから、相手には「この人しつこいなぁ」と思われて逃げられてしまうのです。

彼氏しかしない行動を少し挙げると、

・車道側を歩かせない

・荷物を持ってあげる

・連絡をこまめに取る

・軽いボディタッチをする

などでしょうか。

これら全てをやってしまうと、相手は「私のこと好きなんだな」とか
「彼氏でもないくせに」
というように感じてしまいます。

ごくたま〜に荷物を持ってあげる とか
10日に1日ぐらいの頻度で連絡してみる。

そうすると、
「あの人は私のことが好きなのかな?」
と気になり始めるのです。

人間は分からないことが嫌いです。

相手の女性はあなたの本当の気持ちが分からないので、それを知りたくなります。

つまり、あなたに興味を持つようになるのです。

相手の名前を呼ぶ

私の女友達に、話す前に必ずといっていいほど相手の名前を呼ぶ子がいます。

「けいくんはさ、・・・」

「けいくん、⚪︎⚪︎についてなんだけど・・・」

みたいな感じです。

皆さんの周りに同じように名前を呼んでくる人はいますか?

もしいるなら、あなたはその相手に親近感を覚えませんでしたか?

好きな人と話をするときには相手の名前を呼ぶことで、相手に親近感を与えることができます!

相手の名前を呼ぶことで、あなたのことをもっと知りたい、あなたの話をしっかりと聞いていますよ、と伝えることができます。

実際に、私も話している相手に名前を呼ばれることは嬉しく思いますし、私自身も相手の方の名前を呼ぶように心がけています。

相手が自分に興味を持っている、と感じると「返報性の原理」からお互いに興味を持つようになります。

ここで大事なことは、好きな女性に関わらず、友達や親、兄弟、職場の方に対しても同様に名前を呼ぶことをお勧めします。

その方が練習になりますし、他の人からも印象が良くなりますよね?

恋愛テクニックは恋愛だけで終わるのではなく、あらゆる人間関係に利用していきましょう。

もちろん、しつこいほど名前を呼ぶのは悪い印象を与えてしまいます。

しかし、名前を呼ばれて悪い気持ちがする人はいないと思います。

もし、あなたが好きな方の名前を知らないのであれば、明日必ず誰かに尋ねたりして知っておきましょう。

まずは一度の会話で3回ほど、相手の名前を呼んで会話をしてみましょう!

まとめ

「そんな簡単にうまくいかないよ!」と思っている人、
まずは実行してみてください!!

まめに連絡を取ろうとしたりデートに何回も誘うよりも、余裕のある行動をすることで確実にあなたに惹かれていきますよ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする