二回目のデートに繋げる初デートでの会話術-相手を楽しませる-

bsPAK99_tewotunaidadanjyo20140301.jpg
けいです。

前回に引き続きデートでの会話術です。

前回の共通点を探すというのでつかみの部分は大丈夫でしょう。

しかし相手から好意を持ってもらわないと次回には繋げることができません。

ではどうすれば良いかというと、

2、相手を楽しませる

それができないから困っているんだ というツッコミは甘んじて受けます。(笑)

ですが以下のことをすれば間違いなく相手を楽しませることができます!

それは
①相手のことをほめる、②笑わせる、③話をさせるの3つです!

まず

①相手のことをほめまくりましょう!

ほめられて嫌な気持ちになる人はいません。

ただし社交辞令と思われないために、少しおおげさに伝えることがポイントです!

また身体的な特徴を褒めるとかえって傷つけてしまうおそれがあるので、

相手が身につけているものを褒めたりするのが良いと思います。

「今日の服装(髪型)とても似合っていて可愛いね」など。

ちなみに出身地を聞いた後であれば、

その出身地に交えて褒めるというやり方も良いですね。

「⚪︎⚪︎県の人は(女性の名前)さんのように優しくて綺麗な人が多いみたいだね」

次に

②相手を笑わせましょう!

「笑いは世界を救う」と言われたりするように、
笑いは人間関係を円滑にするために必要不可欠です。

ポイントとしては少し自虐的な話をすることです!

男性は自慢話をすることで女性に自分の賢さ、強さを示そうとしますが

絶対と言って良いほど引かれますよ。

自慢話をするよりも少しユーモラスに自虐話をすると

相手に隙を与えることができ、それがあなたへ好意を持たせやすくするのです。

最後に③相手に話をさせましょう!

これは以前に「しっかり話を聞いてくれる男性はモテます!」という記事でも書きましたが、
基本的に女性との会話はおうむ返しを使い、
また相手に色々と質問をして話をさせましょう。

あなた「最近ケーキ屋ができたんだよね、⚪︎⚪︎さんはケーキとか好き?」

相手「チーズケーキが好きです」

あなた「チーズケーキ?僕もチーズケーキ好きなんだよね!(←親近感を与える)

⚪︎⚪︎さんは自分でケーキを作ったりするの?」

のような感じでしょうか。

この会話ではおうむ返しを繰り返して女性の話をしっかりと聞いていることも
アピールできますし、相手に同調することで親近感も与えることができます。

また相手の名前を積極的に呼ぶことで、あなたのことに興味がありますよ
という意思も伝えることができます(こちらにも書いています)

このような会話をすることで相手を楽しませることができます。

本当かどうか気になる方は実際に試してみてください!

お読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする