二回目のデートに繋げる初デートでの会話術-共通点を探す-

yuka16011215IMG_5574_TP_V.jpg
けいです。
初デートに行ったけれどそれほど盛り上がらずに終わってしまった。

2回目、3回目のデートの前に連絡が途絶えてしまった。

こんな経験ありませんか?

せっかく勇気を出してデートに誘ったにも関わらず緊張して何も話せなかった。
それでは次回が期待できようもありません。
そこで2回目、3回目のデートに繋げられる会話術を紹介したいと思います。


1、相手との共通点を探して親近感を与える

初デートの時、あなたはどんな気持ちでしょうか?

もちろん緊張していますよね?

それは、相手のことが分からないからですよね。
ですが、そんな相手が自分と同じ出身地、同じ血液型、同じ趣味を持っていると知ったらどうですか?急に親近感湧きませんか?

それは相手も同じなのです。

このことは心理学では類似性の法則と呼ばれており、
自分と似た人に好意を持つという心理が働くのです。

あなた「天気いいですねー」相手「そうですねー」

という会話をするよりも、

あなた「血液型何型ですか?」

相手「A型ですよ」

あなた「A型なんですか?僕も同じA型なんですよ〜」

という会話をしたほうが、圧倒的に好印象を持たれやすいということですね〜♪

この方法だけでグーンと相手との距離が近くなりますよ!

正直天気の話で親近感なんか湧きませんよね・・・汗

血液型が違ったら他の共通点を探すだけです。
「出身地はどこですか?」という問いに対する答えとして
「千葉県です」
と返ってきた。

ここであなたならどうしますか?

そこですぐに
「そうなんですね。私(の出身地)は⚪︎⚪︎です
などと答えると相手は
「そうなんですね〜(私には興味なくて自分の話をしたいだけなんだな)」
となってしまいます。

そうではなく、例えば
「千葉県なんですか!?僕も同じですよ!」

相手「そうなんですか!?」

あなた「まぁ同じといっても同じ関東の⚪︎⚪︎なんですけどね!」

相手にあなたとの共通点を認識させることが重要なのです!

上の例は少し高田純次さんみたいなノリではありますが、
相手にあなたはユーモアがあるといった情報を伝えることもできます。
ただ、笑いというのは居心地の良さを与える効果があるので
緊張した時などは笑いを狙っていくというのも手ですよ。

まずは相手との共通点を探しましょう。

その共通点をさらに掘り下げることで、相手の方との距離は一気に縮まりますよ。

相手との共通点を探す上で役立つツールとしては、FacebookなどのSNSがあります。
SNSには相手のプロフィールが書いてある場合があるので、
デート前に話題を考える準備もできますよね。
そういった意味ではSNSでの繋がりもとても有効です。


次回は「2、相手を楽しませる会話」について説明します。
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする